准看護師から看護師を目指す方法

一般的に准看護師になつには中学校や高校を卒業して准看護師養成学校か高校の衛生看護科を卒業し各都道府県の准看護師試験に合格して都道府県知事の免許を取得すれば准看護師になれます。

 

看護師には准看護師、正看護師とありますが、業務内容にはそれほど差はないのですが、お給料や昇格などの労働条件に差があるために准看護師から正看護師にレベルアップする方も多いようです。

 

准看護師から正看護師にになるには高校を卒業して看護学校、看護短期大学の2年の教育を受けることで国家試験を受験することができます。しかし中学校卒業後に准看護師になった場合には3年以上の実務経験が必要になります。

 

准看護師で10年以上の実務経験を持っていれば2年間の通信教育で看護師国家試験資格を得ることができる看護専修学校があります。実務経験はパートやアルバイトも含むことができるので役立つのではないでしょうか。

 

また准看護師資格を持つ方対象に夜間の定時制の看護専門学校も開設されているので昼間働きながら、夜に勉強することもできます。定時制の場合には3年の終了年数になります。この場合の3年次の臨時実習は昼間にお濃なれるようです。