看護師は資格がたくさんあっても給料がかわらない

看護師には実はさまざまな資格があります。主な資格としては、保健師や助産師、認定看護師や専門看護師などがあります。しかし、看護師が資格をたくさん取得していたとしても、実はあまり給料面では変わりがないという状況があります。

 

事務職などではよく資格を持っていればその分給料待遇が良くなるということがありますし、技能職でも資格の有無は給料に差が出てきますが、看護師の場合認定看護師や専門看護師のように、看護技術に差が出てくるような資格や看護知識が高まる資格の場合には確かに給料待遇が変わることがありますが、保健師や助産師の資格を持っていても、看護師として働いている限りはあまり給料が変わりません。

 

理由としては、保健師や助産師としての採用ではなく、看護師として採用されているという点があるようです。看護師としての仕事には、実は保健師や助産師としての知識や技術が不要で、純粋に看護師としての資格のみが給与として反映されることが多いそうです。

 

もし、看護師以外に保健師や助産師の資格があるのであれば、保健師や助産師として働いた方が給料待遇は良くなる可能性はあります。